カンタンディーノ カンタンディーノシールド UNOシールド 周辺モジュール

特徴 紹介動画 タイプ カタログ(価格)

画像は拡大できます

植物工場シールドは、カンタンディーノ(ArduinoUNO互換品)で植物工場を構成するための拡張基板です。主に葉物野菜に必要な光・水・温度を管理するために、植物工場仕様のLEDセンサライトをはじめとする様々なセンサとアクチュエータのモジュールを簡単に接続できます。

 

Windows機、CromeBook機が対象となります。
CromeBook機ではデータロガーは使用できません。



特徴 

●葉物野菜は特に収穫量を増やしたことを実感できます。

リーフレタスを同じ期間栽培した例
 

●カンタンディーノにプログラムすることで最適な生育環境を与えます。

 

●植物工場シールドにセンサ、アクチュエータを接続します。特にUSB電源の機器は同時に3台接続可能です。

 

・土壌水分センサで土壌水分量を計測、水分はUSB水中ポンプで補います。
 

・温度・湿度センサで温度を計測、USBポータブルファンとUSBカップヒータマットで温度を管理します。
  

・植物工場仕様のLEDセンサライトのCdSで照度を計測し、COBで明るさを調整します。

・各種データはLCDディスプレイに表示します。
 

・データロガーを使ってSDカードに記録としてデータを保存し、エクセルなどで分析することができます。
 ※データロガーはCromeBook、mBlockには対応していません。
 




紹介動画 
植物工場の紹介動画をYouTubeサイトで公開中

「植物工場の紹介動画」

「カンタンディーノ関連動画」特集はコチラ



タイプ 

 付属品の内容によっていろいろなセットがあります。下表で品番欄が赤色のセットは全てを含んでいます。青は迷ったときにおすすめのセットです。

・土壌水分センサは劣化しますので、予備を含めて3セット入りです。
・データロガーはCromeBook、mBlockには対応していません。
育てる水耕栽培は別売です。



カタログ 
価格はカタログをご覧ください。

スマホ用(ファイルサイズ 約650kB)P99.png

印刷用(ファイルサイズ 約850kB) P99.pdf